青汁って何でできてる?

青汁に含まれているもの

青汁を傾ける女性
青汁というと、このCMを思い出しますよね????
八名信夫さんが飲んで「うーん!不味い!!もう一杯!!!」
美味しくはないけど健康のいいというのが青汁のイメージですね。

写真では女性が青汁を片手に微笑んでいますが結構罰ゲームで使われたりしていました。
しかし、現在は品種改良を重ねて美味しい青汁が増えてきています。
大体は粉末状で水に溶かして飲むケースが多いです。

そういう時はシェイカーが便利です。
通販ではシェイカーをセットでつけることができます。
美味しくなっているとはいえ、やはり苦手だという方には錠剤タイプもあります。
最近は生のも売っています。

錠剤となるともはや汁ではなくなってしまいますが・・・・
青汁は実は結構歴史があります。
栄養不足だった戦時中は簡単に野菜を摂取できるということで青汁が重宝されたようです。

青汁のCMはよく見かけますが共通しているのは1日の必要な野菜はかなりの量。
これを食べるのは難しいので青汁で摂取する。
では、青汁はなんの野菜で作っているのか?

基本まずはこの三つです。
ケール、大麦若葉、明日葉です。
必ずもどの青汁にも入っているわけではありません。

他にも含まれているケースが多いのを挙げていきます。

青汁で1日に必要な野菜を摂取

たくさんの野菜
前項で少し触れましたが1日に必要な野菜を摂取するのって大変です。
それが毎日です。
どれくらい野菜の量が必要か知っていますか???

なんと350gです。
それの3分1がだいたいこれくらいです。
若干多いかもしれませんがこれを毎食食べないといけないです。

大量のサラダ

これを毎食は大変です。
手間もかかりますし、買い物も楽ではありません。
それに野菜って天候に左右されやすいので値段が高騰したり、手にはいらないことも

それにドレッシングで余計なカロリーを使ってしまう。
その面倒な野菜摂取を青汁を飲むだけで済んでしまうのです。
味はともかく、こんなに便利なことはありませんね。

それに栄養も計算されています。
自分でサラダを作ると野菜によって栄養素は違ってきます。
それにどうしても自分の好みに偏ってしまいます。

キャベツの一種であるケール

新鮮なケール
ケールはキャベツの仲間です。
キャベツの仲間ですが栄養価は非常に高いです。
だから材料として使われているのです。

スーパーで売っていることもありますが基本苦いです。
苦くないのも売っています。
栽培も料理向きよりも青汁向けに行われているケースが多いです。

その他にスムージーに使われるケースが多いです・
ケール単体ではやはり栄養はあっても美味しくありませんし、他の栄養も摂取したい。
だから他の食材も使うのです。

それにケール単体では苦いだけでなく、独特の青臭さもあります。
そこはメーカーも苦慮したことでしょうね。

ケールの苦さを調和してくれる!大麦若葉

フレッシュな大麦若葉
大麦若葉は文字通り麦の葉っぱです。
写真見ると鍋に入れると美味しそうな感じがしますね。
麦飯とか美味しいですね。
とろろ芋をかけて食べると本当に美味です。

ビールに使う麦芽も美味しいです。
ビールが発泡酒より美味しいのは麦芽の量が多いからなのです。

ビールに使うくらいですから麦芽は苦いというイメージがあります。
でもケールに比べると癖はないようです。
抹茶のような味です。

ケールはかなり苦く、青汁が最近まずくなってきたのも大麦若葉が役に立っていると言えます。
大麦若葉は、カフェインが含まれているため、単摂取すると興奮作用がでる場合があります。
とは行っても大量に食べなければいい話です。

気軽に手に入る?おひたしや天ぷらにすると美味しい明日葉

自生してる明日葉
明日葉というと、聞いたことある方は多いと思います。
それはそうです。
ケールや大麦若葉に比べると手に入りやすい食材です。

自生しているのは地域が限られていますがタネは普通の販売していますね。
スーパーなどでも普通に野菜として販売されてます。
昔は薬草としても使われてたそうです。

天ぷらやおひたしにすると美味しいです。
生で食べるのはちょっと癖はあるかもしれません。
旬は3月から6月、もしくは11月です。
それ以外の季節でも流通しています。

以上3つが青汁に含まれていることが多い食材です。

上記3つの次に多い桑の葉

自生した桑の葉
上記以外でよく使われるのは桑の葉です。
これはさすがにあまり食べるイメージじゃないですね。
蚕を育てるときに桑の葉を使いますね。

簡単には手に入りません。
葉っぱだけで売っているケースは少ないです。
蚕の栽培キットを買うと付いてきます。

桑の葉茶として乾燥した状態で売られています。
なのでそれを青汁に入れるというのがあんまり想像できないですよね。
それと桑の実の方がメジャーですね。

漢方薬として使われています。
当然葉っぱもそれだけ体にいいです。
まとめるとメーカーによって入っている材料は異なります。

ゴーヤが入っていることもあれば、モロヘイヤが入っていることも・・・・・
味も異なりますのでまずは少しずつ買って試すのが理想ですね。
最近は乳酸菌が入った青汁もありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする