青汁のタイプ

青汁の粉末と完成したドリンク

青汁といっても様々な種類があります

ドラックストアや、通販で売られてる青汁にはいくつかタイプがあります。

青汁というと、コップに入れてごくごくと飲むというイメージです。
実際はいくつかタイプが分かれてます。

昔に比べて変化してきているのです。
大きく分けると「粉末タイプ」「液体タイプ」「錠剤タイプ」の3つです。
粉末の中でもフリーズドライだったり、顆粒。
液体の中でも冷凍とゼリーに分かれたりします。

一番多いのは粉末タイプですね。
これは昔からありますね。
コマーシャルでやっている青汁の多くが粉末タイプです・

シェイカーに水、もしくは牛乳を入れてそこに粉末の青汁を投入します。
そしてシャカシャカと振ります。
この振る作業はなかなか楽しいです。

プロテインなどと同じです。
自分それが一番多いです。
ドラックストアでもそのタイプが多いです。
ちなみにシェイカーは別売りです。

最近は、冷蔵・もしくは冷凍タイプのがあります。
これは粉末状ではありません。
濃縮された青汁が真空パックなどに入っています。

それを飲み物と混ぜて使います。
インスタントラーメンのスープをイメージするといいですね
そのままちゅうちゅうと吸えるタイプのもあります。

大体はジェルみたいになっています。
水、またはお湯に溶かして飲みます。

最後に錠剤タイプですね
サプリメントといったほうがいいでしょう。
青汁単体ではなく、他のも入っている場合があります。
やっぱりまずいから嫌だという人にはいいと思います。

では、それぞれのタイプを詳しくみて行きましょう。
どれも良さはあり、悪いところもあります・

やはり定番!粉末タイプ・フリーズドライタイプの青汁

フリーズドライ青汁
青汁=やはり粉末タイプのイメージがありますね。
粉末タイプは、シェイカーは必須です。
飲み薬みたいな顆粒タイプはシェイカーがなくてもぬる湯で溶けます。

普通にかき混ぜても解けないタイプが多いです。
お湯に混ぜれば解けるかもしれません
多くの青汁はお湯の場合は30度から40度のぬるま湯を指定しています。

中にはお茶みたいなホットタイプもありますね。
そういう場合は、粉末の抹茶と同じような感じで作るといいと思います。
シェイカーと書いてあったらシェイカーを利用しましょう。
シャイカーと青汁スティック

その方が失敗しなくていいです。
ぬるま湯の量は大体コップいっぱい分です。
お好みによって分けるといいです。
ちなみにシェイカーは通販だとセットで売っているケースが多いです。
それに関しては100円ショップのでもいいです。

しかし、安いシェイカーはすぐに蓋の締め付け具合が悪くなって振る時に中身がちょっと出てしまうのが難点です。
長く使うのであればプロテイン用のシェイカーを使うか、セットで購入してください。
ちゃんとしたシェイカーの方が混ざりヤスリです。

粉末状の欠点は、ダマになりやすいことです。
あとは、冷水だと溶けないケースが多いのでやはりぬるま湯で
味がきになると言う方は牛乳で混ぜるのが無難です。

ただ、フリーズドライタイプは熱処理をしていないので栄養価は高いです。
逆に溶けやすい顆粒タイプのは熱処理がしてあるので栄養価はフリーズドライより劣ります。

その代わり、ダマになりにくいので飲みやすいです。

入れる順番ですが個人的には水を入れてから粉末を入れたほうがダマになりにくいです。
また、シェイクが終わったら速やかに飲んでください。

沈殿してしまいます。

作り置きをするよりもその都度飲んだ方がいいです。
顆粒タイプは水に溶けやすいのでシェイカーは必要ないです。

使い勝手がいい?フローズン・液体タイプ・ゼリータイプ

コップの青汁
最近増えてきているのが液体タイプです。
液体タイプは水に溶けやすいので便利です。
薄めずにそのまま使えるのもあります。

ただし、粉末タイプに比べると味は結構癖があります。
なので蜂蜜を入れたりするといいです。
粉末状に較べると保存が効きにくいのが難点です。

冷凍タイプなら液体タイプより効きます。
だた、3ヶ月以内が目安というのが多いです。
解凍は電子レンジは厳禁です。
熱湯ではなく、ぬるま湯で温めた方が栄養も味も損ないません。

やったことありますが破裂して大変なことになります。
温めながらほぐしていくと割と早く溶けて行きます。
ダメなのが湯煎です。

温めすぎてはいけません。
温めるとせっかくの栄養が損なってしまいます。
スープに使うと考えてしまいますがもしそれをやるなら冷製で

コップの注がなくいでストローで吸うタイプもあります。
ゼリータイプに多く、そのまま吸うのもあります。
持ち運びが便利で解凍の必要はありませんが液体タイプに比べると栄養価は低いです。

簡単!手軽!味や匂いを気にしなくていい!錠剤タイプ

自分は個人的に好きではないですが手軽でいいのが錠剤タイプです。
粉末状も、液体タイプもネックは味です。
青汁は最近は美味しくなって来ていますが嫌う人は嫌いますね。

健康食品として割り切れればいいのですが・・・・
その代わり、錠剤タイプは吸収が悪いです。
栄養があっても体に浸透していかないのです。

なので他に野菜を食べる必要性が出て来てます。
補助として使うのには向いていますが正直なところ、それだけで野菜不足を解消することはできません。
他のに比べると保存が効きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする