青汁はいつも飲めば効果的???

考える女性

青汁を飲むタイミングって疑問に思いますよね。
プロテインは、筋トレ後か寝る前に飲むといいとは言います。
果たして青汁の方は???

野菜不足の現在青汁の需要は高まってきてます。
他にも色々青汁みたいな商品はありますね。
野菜不足だからこそ毎日飲むことをお勧めします。

これは、単なる飲み物ではなくて食事の一つと言ってしまっても過言ではないからです。
中には1食を青汁だけという方もいます。
基本的にはサラダ代わりと言ったほうがわかりやすいですね。

サラダを作るのがめんどくさいという方には青汁は特にお勧めですね。
青汁には野菜不足解消だけでなく、ダイエットや便秘解消や美肌効果もあります。
毎日飲むのはわかったけどこれっていつ飲めばいいのか???

普通に考えるとやはり食前の飲む。
サラダもレストランに行くと先に出てきますね。
あれって一応意味があるのですよね。

てっきり食事ができるまでの繋ぎかと思ってましたが
それを含めて解説していきます。
タイミング別に解説をしていきます。

朝起きたらすぐに青汁!その効果は?

朝陽を眺める女性

寝てる時は結構水分を失います。

スポーツ飲料メーカーだと失った汗を補うという意味で朝起きたら飲むというのを推奨してます。
では青汁の場合はどんなメリットがあるのか?

まずは、寝ている間に失った水分を補充することができるのが1点です。
これが目的ならぶっちゃけ青汁じゃなくてもいいです。
水や麦茶やスポーツ飲料で十分。

青汁に入っているのは食物繊維です。
なので便秘の方は、朝起きた時に飲むと便通が良くなります。
朝一で飲むのにはこんなメリットがあったのですね。

便秘改善なら冷水で作るのがいいです。
ただし、胃の弱い方は朝に冷たい青汁を飲むと胃に負担がかかります。
そういう場合は水を常温にしておくことをお勧めします。

お湯は栄養を壊してしまうのでダメです。もし、常温にする時間がないという場合は、口の中で貯めて時間をかけて飲むといいです。
スポーツ飲料は汗に近い成分ですが糖分が多いので青汁の方が優れています。

食前に飲むことの効果は???

料理

冒頭にもあげていますが青汁は食前のむイメージが強いですね。
その理由としてレストランでセットやコースを頼むと必ず野菜が出てくるからです。
青汁は野菜なので食前に飲むというイメージは強いですね。

でもなぜ食前に飲むのかわからないでいる方は多いと思います。
その理由として噛むことで満腹感を得ることができる。
しかし、青汁は飲み物なので噛むことは関係ないですね。

それでは意味がない???あります!
またまた食物繊維の登場です。
空腹の状態で食物繊維が入ると血糖値の上昇を防げます。

また糖分や脂肪分の吸収も防いでくれる。
それに青汁でも普通のジュースと違って濃厚です。
その分おかずを減らすことができますので食べ過ぎを防ぐことができます。

糖分や脂肪分の吸収を防ぎ、食べ過ぎを防ぐことができるということはダイエット効果につながるということになります。
ダイエット目的の方で初めて飲む場合は、おかずを一品減らすことです。

まあサラダの代わりに青汁というのが一番理想ですね。
栄養バランスって大事ですから!
おやつの代わりに飲むという方もいますがやはり食事の直前がいいですね。

おやすみ前に飲むことの効果は??

寝ている犬

次におやすみ前ですね。
お休み前に水を飲むのはいいとはよく聞きます。
コップいっぱいの水ですね。

寝る前に水分を取るとむくみの原因になるとも聞きます。
それは関係なく、むしろやはり飲んだ方がいいみたいです。
やはり水分不足です。

それはさっきあげましたので説明は割愛させていただきます。
ご了承ください。水分以外の話をします。
寝る前に水分を取ると血行や新陳代謝がよくなrます、

血流が良くなるので脂肪燃焼効率も良くなる。
ダイエット効果もあるということになります。
水と同じように青汁も効果があります。

これはダイエットや水分補給するだけなく、睡眠不足解消にもなるのです。
ただし、あまり取りすぎると夜中におしっこに起きてしまう恐れがあります。
青汁には便通をよくする効果があります。

お腹の調子悪い時は逆効果になってしまいます。
なのでコップ1杯にとどめて起きましょう。
青汁にはメラトンが含まれていましてそれには、リラックス効果があるのです。

ちょっと仕事に疲れたけど眠れない。
そんな時には青汁を飲むといいです。
ちょっと朝と効果が被っていますね。

単純にダイエット目的なら食前に飲むことです。
便秘のお悩みの方は朝おきた時に飲む。
睡眠不足の方は夜飲む。

しかし、あまりにひどい場合はやはり病院へ行って診察を受けてもらうのが一番です。

人や重度によって効果は異なります。
なお、食後に飲むことことについてですが
全然飲んでも大丈夫です。

薬とは違うので食前の30分前とか、食後の30分以内ととか特に決まりはないのです
基本は好きな時間に飲んでもいいということです。
目的もよって飲む時間を変えれば効果が変わってくるということだけは伝えたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする