青汁と相性の悪い組み合わせとは??(お茶・コーヒー類編)

青汁の粉末と完成したドリンク

以前の続きです。
当然の話かもしれませんが青汁は何にでも合うというわけではありません。
味はもちろんですが栄養面でマイナスのを挙げて行きます。

前回かお湯でしたがお湯は青汁の栄養を減らしてしまいますが実はすぐに減るというわけではないのです。
すぐに飲んでしまえばさほど問題はないです。

今回は根本的にダメだという話になります。
ではいくつか上げていきますね。
私もあ!!これダメだったんだと驚きましたよ。

コーヒーに溶かして飲む、もしくは一緒に飲むのはダメ

まさか青汁をコーヒーに溶かして飲む人っていないですよね?
想像しただけで嫌になります。
コーヒーも苦く、青汁もどちらかというと苦い。

青汁の欠点は苦味なのにさらに拍車をかけてしまいます。
これでは組み合わせる意味はないです。
でも、コーヒーに混ぜて飲みたいという方もいるのです。

牛乳とコーヒー、青汁を混ぜて飲むといい感じにはなります。
二人の苦味を牛乳が消してくれる。
これで味の面では改善はされます。

自分はコーヒーはよく飲みますね。
1日2杯から3杯は行っちゃいます。
コーヒーはガン予防になると言われていますね。

抗酸化物質が入っています。
抗酸化物質は、体の老化を食い止める効果があります。
でも、それは青汁にも入っているのですよね。

もちろん合わせて飲んでもいいのですが・・・・
コーヒーの売りはなんと言ってもカフェインです。
コーヒーを飲むと眠気が無くなります。

それがカフェイン効果です。
でも、眠気覚しだけがカフェインの売りではないのです。
青汁と同じメリットがあります。

それは利尿とダイエット効果です。
血行を良くする効果もあります。
脂肪燃焼効果は大きいですね。

コーヒーダイエットなんてのも一時期ブームになりましたね。
青汁にはカフェインが入っていないことが多いですが利尿効果もダイエット効果もあります。
ただ、コーヒーには筋肉疲労軽減や、集中力アップ効果もあります。

それらを期待するのであれば青汁と一緒に摂取するのも手かもしれません。
メリットが多いように見えますが一緒に摂取するにはデメリットがあるのです。
青汁の効果を消してしまうのです。

おやおやそれは困ったものです。
青汁をメインで考えているのでしたらこれはいただけませんね。
コーヒーにはタンニンというのが含まれています。

青汁には鉄分が豊富で貧血予防になります。
そのタンニンが鉄分を吸収してしまうのです。
タンニンはあまりよろしくない成分でありましてそれが貧血の原因となるのです。

青汁は貧血予防になることに対して逆にコーヒーは貧血の原因となります。
これで相性が悪いってわかります。
コーヒーが苦いのもそのタンニンが原因なのです。

あとは、歯が黄ばむのもコーヒーが原因です。
では、青汁を飲んでいる間はコーヒーを飲んではいけないのか???
30分以上時間をずらして飲めば鉄分の吸収はなくなるそうです。

なので朝の目覚めに青汁飲んでコーヒーはランチタイムにするいう方法でしたら全く問題はないと思われます。
あとは、コーヒーの量を減らして代わりに牛乳を多くするというのも手です。
それならリスクは減ります。

以外や以外!青汁と緑茶の組み合わせはだめ???

これはちょっとえええ??と思うかもしれません。
青汁をよく飲む方は特にそう思うでしょう。
緑茶青汁という商品がありますからね。

その組み合わせがよくないいうのは想像できないと思われます。
緑茶はコーヒーに比べると飲む量の制限は少ないです。
ビタミンCが豊富で認知症の予防、脳梗塞率の低下、糖尿病の改善などの効果があります。

他にもインフルエンザ予防、美肌効果、花粉症対策にもなります。
味に関してはコーヒーみたいに喧嘩しませんので味的には青汁とはあっていると思います。
緑茶は実は、コーヒーを同じ成分があります。

それはカフェインとタンニンです。
中にはノンカフェインの緑茶も販売されてます。
ペッドボトルとか缶のお茶に多いですが・・・・・

タンニンのリスクはコーヒーの時と同じなので説明は割愛させていただきます。
脳梗塞について挙げましたがその率を低下させるのは緑茶に入っているカテキンなのです。
実はそのカテキンも鉄分を吸収してしまうのです。

特に高濃度カテキンが入っている緑茶は要注意です。
トクホの緑茶もカテキンが普通のより多く入っている場合があります。
より青汁の効果を低下させてしまうのです。

ダイエット効果が期待できるカテキンですが高濃度の場合だと血糖値が上昇してしまうのです。
もっとも多く摂取しなければさほど問題はございません。

緑茶も青汁と同様に時間をずらして飲むことです。
もし、同時に摂取したい場合は最初から混ざっているのを購入することをお勧めします。
その場合は青汁の効果が減らないように工夫されていると思います。

なお、抹茶も緑茶やコーヒーと同じでタンニンが入っています。
味的には問題ないお茶ですが青汁は青汁で飲んだほうがいいですね。
どうしても飲みたいという方はやはり時間をずらすしかないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする