青汁とサプリメントはいい?

ばってん

先ほど、仕事の帰りにドラックストアに寄りました。
そこで健康食品を見ましたがいろんなのがありますね。
青汁だけでもかなり種類がありました。

緑汁と言われてるユーグレナはありませんでした。
その代わり、錠剤タイプはありましたが・・・・
それはさておき、青汁とサプリメントの組み合わせってどうなのか??が今回のテーマです。

青汁のサプリメントもありますが定義は薬のように飲むタイプがサプリメントだそうです。
錠剤や顆粒を水と一緒に飲む、もしくはタブレットみたいのを噛んで食べるです。
溶かして飲み物と同じようにして飲むのはサプリメントとは違うそうです。

青汁を飲んだ後にすぐにサプリメントも摂取する。
その方法について考えていきましょう。

青汁サプリとの組み合わせ

青汁というとやはりジュースのようにごくごく飲むイメージがあります。
後発としてサプリメントタイプもあります。
それは味や匂いが苦手だという方のためにあるのですね。

でも、中には両方飲んでいる方もいます。
それってどうなのかは気になりますね。
一緒に飲むのは決して悪くはないと思います。

例えば、大麦若葉タイプは飲む青汁にして、ケールタイプはサプリメントにするのでしたら無駄は少ないです。
しかし、一緒に場合は成分が被ってしまってもったいないと思います。

同じ成分だと飲むタイプの方が全然吸収がいいのです。
それだけで十分足りているので一緒に飲む必要性はないのです。
悪いですがお金の無駄ということになります。

あと無駄にならないのは青汁がメインではないサプリメントです。
それでしたらいいですね。
ミックス野菜のサプリの一部に青汁が入っている程度でしたらそんなに成分がかぶることがないですね。

そうなると青汁サプリでなくなってしまいますが・・・・

ビタミン系サプリとの組み合わせ

サプリメントで一番多いのはビタミン系ですね。
ビタミンというと種類が色々あります。
Aとか、Bとか・・・・当然種類によって効能も違いますね。

青汁にもビタミンはたくさん含まれています。
なので青汁だけでも十分と言えるでしょう。
成分によっては過剰に摂取すると逆効果、もしくは思わぬ副作用を引き起こす場合があるので要注意です。

大前提として成分が重複しすぎないことです。
そういう意味で青汁同士の重複は避けるべきです。
大体は成分は一緒です。

といっても青汁ジュースと一緒に青汁のサプリを飲む人はいないとは思います。
もう一つは、青汁でもサプリでも一日の摂取量というのはメーカーの方で指定されているはずです。

サプリと一緒に飲むいうことは、1日の推進摂取量を超える可能性が十分にあるということになります。
成分のよっては多くとってもいいというのはありますが中には過剰摂取すると思わぬ落とし穴があることもあります。

基本青汁の効果を落とすのとは組み合わせない

特に注意が、食物繊維に大量摂取です。
食物繊維は便通を良くするメリットがあります。
腸内環境を整えてくれるのはすごいありがたいことです。

しかし、それを大量に摂取しすぎてしまうとどうなるのか????
便通が良くなりすぎます。
そうなると下痢の原因となってしまいます。

下痢気味の方が飲んだら想像するだけで恐ろしいです。
正常な方でも下痢になってしまう可能性があります。
キシリトールなんかはいい例です。

あのガムを一度に大量に食べるとお腹が緩くなってなんどもトイレ行ったという方は多いと思います。
なのでサプリメントのパッケージに食物繊維がないかどうか見ることです。

また、食物繊維は、体の老廃物を出してくれるという役割があります。
大量摂取すると必要なものまで出してしまって返って不健康になってしまうというデメリットが出てきちゃうのです。
健康になるために飲んでいるのがかえって不健康になってしまいますね。

おまけに青汁の栄養素まで外に出してしまうのです。
これではなんとために青汁を飲んだかわからないのです。
まとめるとデトックス効果のあるサプリメントは避けることです。

デトックス効果のあるサプリとして代表的なのはミドリムシ(ユーグレナ)、霊芝、アガリクス茸です。
青汁の効果を消さないためにもこれらの成分が入っているサプリは避けたほうがいいです。

整腸効果のあるサプリとして代表的なのはビール酵母ですね。
エビオス錠なんかは代表的なビール酵母サプリですね。
あれはかなり効きますね。

青汁を摂取しているときはエビオス錠は飲まないほうがいいです。
せっかくの栄養が逃げてしまいます。
もし、整腸作用を期待するのでしたら青汁よりビール酵母入りのサプリの方が効果が高いですね。

でも、栄養も期待するのでしたら青汁で十分まかなうことができます。
青汁を飲んでも効果が出ないという場合に摂取するといいです。
一番無難な組み合わせは、しじみとか、サメの軟骨、ニンニクなど青汁にはない成分のサプリを利用することですね。

やはり被ってしまうというのはお金の面でももったいないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする