一番オーソドックス!ケール青汁

ケールはっぱ

今までちょくちょくケールの名前は出していました。
少しは解説をしていましたが今回は詳しく特集したいと思います。
ケールは青汁のパイオニアと言ってもいいです。

最初はケールがメインだったのです。
昔の青汁はまずいけど健康にいいのが売りでしたからね。
まずーーい!もう一杯のCMは今でも印象に残っています。

青汁がまずいは昔の話です。
現在では飲みやすくなっていますね。
それは大麦若葉とか、明日葉、ブロッコリなどを入れて飲みやすいようにしているからなのです。

ケールは今でも100%の販売していますし、他の材料とミックスされています。
まずいのイメージを植え付けてしまったケールです羽衣甘藍がそれでもわかってて購入をしてます。
それだけ栄養価が高いということになります。

では順番に説明しています。

そもそもケールとはどんな野菜?

ケールというのは食卓でもレストランでもあまり馴染みのない野菜と言えます。
スーパーを見てもケールが置いてあるとところはなかなかありません。
通販では売っていることが多いですが生で食べるというよりジュース用です。

ケールはアブラナ科のアブラナ属です。
原産地は地中海。
最近の野菜と思われがちですがすでに江戸時代から日本にあるみたいです。

どんな野菜かというとキャバツの仲間です。
キャベツと違って芯はないですけどね。
和名だと「羽衣甘藍(はごろもかんらん)」です。
緑葉甘藍(りょくようかんらん)という名前もあります。

キャベツを漢字にすると甘藍ですから仲間として認識されています。
ケールは苦いというイメージがありますが旬で新鮮なものであれば甘いそうです。
ケールをそのまま食べたことないのでどんな甘さはわかりません。

旬は冬ですが通年栽培されています。
食用というよりジュース用が多いです。
ケールにもいくつか種類がありますが青汁に使われているのカーリケールというものです。

コードケールというのがありますがこれはイタリアで使われることが多いみたいです。
ちなみにケールは観葉植物として認識されていたそうです。
なんとも勿体無いことをしていましたね

青汁に使われるカーリケールの成分は?

ケールの含まれている成分はβカロチン、ビタミンE、ビタミンC、ルテイン、カリウム、メラトニンなどです。
特にβカロチンの量が多いです。
キャベツの40倍も含まれているのです。

緑黄色野菜の王様と言われるくらいですからね。
青汁といえば食物繊維ですが元々はケールが最初ですから当然多いです。
ビタミンCもレモンは100mgに対して120mgと1.2倍。

カリウムも100gあたりに491mgもあるのです。
一つの食材で多くの物が含まれているのですよね。

老化防止(アンチエイジング)と美肌効果

ケールのは抗酸化作用があります。
それはどんな作用か???
一言で言うと老化防止です。

アンチエイジングとも言いますね。
人間の体内のは活性酸素というのがあります。
これは酸素を必要する生き物ならみんなあるのです。

酸素を吸収する代わりに体内に活性酸素が残ります。
その活性酸素が細胞を傷つけて老化が進んでいくのです。
体内が酸化していくと言って方がいいかもしれません。

その酸化を抑えてくれるのが活性酸素なのです。
なので抗酸化物質が含まれているケールはアンチエイジング効果があるのです。
特に美肌の効果が強いです。

ビタミンEが全身の血行を良くしてくれるので新陳代謝が促進されます。
それによって肌の代謝も良くなるので美肌に繋がるのです。

ダイエット効果

ケールに含まれている食物繊維はダイエット効果があります。
食物繊維は整腸効果があります。
それによって便秘解消になります。

実は便秘って肥満の原因となるのです。
なぜなら便秘によって老廃物が溜まってしまうのです。

老廃物が食物繊維なら普通に野菜を取っていてもいいのですがケールの場合は水溶性食物繊維です。
水溶性が老廃物を絡め取ってくれます。

また、水溶性食物繊維は胃の中で膨らむので満腹感があります。
それによって余計に食べなくて済むのです。
それがまたダイエットにいいのです。

不眠症解消

不眠に苦しんでいる方に朗報です。
ケールは不眠症解消の効果があります。
その理由としてケールに含まれているメラトニンです。

メラトニンというのは睡眠には欠かせないと言える神経ホルモンの一種です。
ケールのはそれが含まれています。
睡眠不足の原因の一つは体内時計が乱れてることです。

その狂った体内時計を正常にしてくれるのがメラトニンなのです。

目の健康にいい

意外とも言えるのは目への効果です。
ケールの成分の一つがルテインです。
そのルテインがどういう効果があるか????

紫外線の強い季節、目にも当然紫外線が降り注ぎます。
紫外線は肌だけでなく、目にも悪いです。
それを防ぐにはUVカット入りのサングラスですがずっとしているわけは行かないですよね?
ルテインはその紫外線を防ぐする効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする